ファイター

词:藤原基央

曲:藤原基央

気付いたらもう嵐の中で

醒过神来已身处风暴之中

帰り道がわからなくなっていた

回去的路亦难以认清

記憶の匂いばかり詰めた

唯有充满回忆气息

空っぽの鞄をぎゅっと抱えて

然而空空如也的书包 怀中紧抱

時を奪う雨と風の中で

风雨之中时间流逝

見えなくなって聞こえなくなってしまった

目不可见 耳亦不可闻

体だけが自動で働いて

只有身体本能驱使

泣きそうな胸を必死で庇って

拼死守护着 快要哭泣的心

止まったら消えてしまいそうだから

好像停下来 便会就此消失

痛みとあわせて心も隠して

连同伤痛一起 将心也隐藏起来

振り返ったら吸い込まれそうだから

好像回头看 便会被往事吞没

今を繰り返す 臆病な爪と牙

身手曾经懦弱 而今重蹈覆辙

ここにいるためだけに

正因为想要 生于此 长于此

命の全部が叫んでいる

便拼尽余生 歌于斯 哭于斯

涙で出来た思いが

把将要涌出的泪水

この呼吸を繋ぐ力になる

隐入呼吸 化为坚持的力量

いくつもなくなったあとに

经过一次又一次的失败

強く残った ひとつ残った

我仍坚守于此 我独坚守于此

その声は流れ星のように

那声音犹如流星一样

次々に耳に飛び込んでは光って

不断飞进耳中迸发光芒

魚のように集まりだして

犹如鱼群一般集合

冷たかった胸に陽だまりが出来た

让寒冷的心再度感受阳光

オーロラが広がっているって知った

我知道空中正蔓延极光

ふと足もとの虫と目が合って笑った

不经意和脚边的小虫相视而笑

自分のじゃない足音と会った

与不属于自己的脚步声相遇

全てその声が見せてくれた

是这声音让我看见了一切

普通の触れ方を知らないから

因为不懂得人情世故

戸惑っていたら触れてくれた手に

不知如何是好时 是你向我伸出了手

どれだけ夜をくぐり抜けても

即使无数个夜晚逝去

ずっと冷めないままの熱が 脈を打つ

那仍未冷却的热度 触动心弦

君がいるそれだけで

只因你的存在

命の全部が輝く

生命全部闪耀光芒

凍りついた心に

心中曾经凝结冰霜

その鼓動が響き火を灯す

但这份悸动回响 点燃火光

わからないままでも側に

即使不明白 也好想

君の側に 一番近くに

在你的身边 在最近的地方

空っぽの鞄は空っぽで

空空如也的书包 还是空荡荡

愛しい重さを増やしていく

然而不断增加的 是爱的重量

重くなる度怖くなった

每当愈加沉甸 就会感到害怕

潰さないように抱きしめた

为了不被损坏 用力抱在怀中

掴むよ 掴んでくれた手を

抓紧啊 那伸来的手

闇を切り裂け 臆病な爪と牙

身手曾经懦弱 而今撕开黑暗

ここにいるためだけに

正因为想要 生于此 长于此

命の全部が叫んでいる

便拼尽余生 歌于斯 哭于斯

ちゃんと守れるように

为了紧紧守护

作られた体で生まれたよ

躯体重获新生

涙超えた言葉が

把超越言语的泪水

その鼓動から届き勇気になる

从这份悸动处传开 化为坚持的勇气

君がいるそれだけで

只因你的存在

ああ まだ温かい

啊 依然温暖

いくつもなくなったあとに

经过一次又一次的失败

強く残った ひとつ残った

我仍坚守于此 我独坚守于此

離れない いつでも側に

永不分离 永远在你身旁

僕の中に 一番近くに

在我的心中 在最近的地方

00:00

免费下载这首歌

下载歌曲需用酷我音乐客户端