ざらざら

词:花澤香菜

曲:秦基博

ねぇ

知道吗

「あなたが泣く夢を見た」なんて

在我的梦里你伤心地哭泣了

可笑しくって哀しくもなった

那场景有一点可笑又有一点哀伤

ざらざらしたこの胸の砂は

在我心中肆虐的风沙

他の誰につかめるのだろう

又能捕捉到谁的身影

ひとりの夕陽は

一个人看见的夕阳

毒のように甘く

像是毒素一般甘甜

じわじわ痺れてく

仿佛电流缓缓流过

何もかも

所有一切

とたんにうまくできないな

从一开始就无法如愿以偿

重く深く沈む時間

时光坠入深渊慢慢地沉寂

今はただずしんと空いた穴ぼこに

如今我只是静静凝望着

あこがれの種

那空无一物的凹坑之内

こぼれ落ちていくさまを

不断撒落下

じっと見てる

憧憬的种子

せつなくなればせつなくなるだけ

沉溺悲伤最终也只空余愁伤

くやしいけど生きてるって思う

虽心有不甘但我的确正活在当下

ざらざらした思い出の砂は

回忆的风沙肆虐而起

でもどこかで守ってくれてる

不过 它一定躲在某个角落偷偷守护着我

ひとりのコーヒー

一个人独饮的咖啡

飲み込む味は苦く

入口之际无比苦涩

喉の奥が熱い

喉间却传来阵阵温热

何もかも

所有一切

言葉になればいいのにな

如果都能坦承该多好

茜色の本をかざす

拿起那本茜红色的书

今はただ気ままに踊る文字たちの

现在我只想静静地感受

匂い感じて

随意起舞的文字的气息

ほんとか嘘かも知らない

凝望着眼前的风景

景色見てる

如梦似幻虚实莫辨

何もかも

所有一切

とたんにうまくできないな

从一开始就无法如愿以偿

重く深く沈む時間

时光坠入深渊慢慢地沉寂

今はただ

如今我只是

ずしんと空いた穴ぼこに

耐心等候着

遠い空から

那空无一物的凹坑之内

激しい雨が降るのを

不断飘落下

じっと待ってる

远方的骤雨

やさしい花が咲くのを

一直等候着

ずっと待ってる

温柔的花蕊开放

00:00

免费下载这首歌

下载歌曲需用酷我音乐客户端